2005年06月20日

那覇空港→慶良間空港の旅A

那覇空港→慶良間空港の旅@ (9).jpg

慶良間諸島の慶留間島(ゲルマ島)と阿嘉島(アカ島)を結ぶ阿嘉大橋が見えた来たさー



那覇空港→慶良間空港の旅(11).jpg

手前は阿嘉港、その先に阿嘉の町が見えるねー
ココまで来たら空港はもうすぐ!



那覇空港→慶良間空港の旅@ (13).jpg

慶良間空港の滑走路が見えてきたさー
いよいよ着陸!



那覇空港→慶良間空港の旅@ (14).jpg

無事、慶良間空港に着いたさー



那覇空港→慶良間空港の旅@ (15).jpg

空港ターミナルの様子、誰もいない・・・



那覇空港→慶良間空港の旅@ (15).jpg

空港ターミナル待合室の様子、飛行機は9人乗りだけどソファーはたくさんあるからね



那覇空港→慶良間空港の旅@ (17).jpg

慶良間島の様子は後日、公開!
お楽しみにしててねー



↑     ↑
ウチナーブログ(沖縄ブログ)がマンドン(たくさん)

posted by シーサン at 11:20| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄の離島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

旧多良間空港→宮古空港の旅A

旧多良間空港→宮古空港 (10).jpg

おっ!ココにも沖縄・楽シーサー(楽しいさー)・ブログの象徴であるシーサーが!(ちなみに、このシーサーの正式名はワカランサー)


旧多良間空港→宮古空港 (10).jpg

機内の様子はこんな感じでさー、結構狭い!


旧多良間空港→宮古空港 (12).jpg

多良間島アンシェーまたねー(それじゃー又ねー)。みてのとおり畑ばっかりさー


旧多良間空港→宮古空港 (13).jpg

20分もすると宮古島の上空に着くからね、下に見えるのはホテルアトールエメラルド宮古島だからね


旧多良間空港→宮古空港 (14).jpg

多良間島と違って建物がたくさんあるのが分かるでしょ


旧多良間空港→宮古空港 (15).jpg

アイランダーはフラップを下げて着陸態勢に入ったさー
ちなみに、この飛行機のタイヤは格納されず、出しっぱなしのまま飛んでるからね


旧多良間空港→宮古空港 (16).jpg

この機体の正式名称はIsrander BN2Bって言います

旧多良間空港→宮古空港 (17).jpg

助手席(コパイ席)に座ることもあるさー

旧多良間空港→宮古空港 (18).jpg

大丈夫。恐くて触れないから

旧多良間空港→宮古空港 (19).jpg

無事、宮古島に着陸したさー。



↑     ↑
ウチナーブログ(沖縄ブログ)がマンドン(たくさん)

posted by シーサン at 10:39| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄の離島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

バーデハウス久米島

バーデハウス久米島01.jpg

ここ久米島は楽天イーグルスのキャンプ地として有名になったさー
久しぶりに久米島に行ってビックリ!こんなすばらしい施設がいつの間にか出来ていたさー
その施設の名前は「バーデハウス久米島」ってところ

バーデハウス久米島01 (1).jpg

あっ!ココにもシーサーがいるねー

バーデハウス久米島01 (2).jpg

ここはバーデプールって言うらしい
なんでも海洋深層水とドイツの伝統的温浴療法(バーデ)?がひとつになったんだってさ


バーデハウス久米島01 (3).jpg

だけど海洋深層水は値段が高いよねー
久米島の飲用海洋深層水「球美の水」の高いやつは2Lで800円位するからね!
まっこの「球美の水」がプールに使われているわけないけどさ
とにかく体には(お財布的には??)良さそうさー

ところで伝統的温浴療法(バーデ)って何?

バーデハウス久米島01 (4).jpg

とにかくこの日は天気が良くて景色が綺麗だったさー


バーデハウス久米島01 (5).jpg

休憩や仮眠・食事ナンかも出来るから久米島に立ち寄ることがあれば(簡単に言うなって?)寄ったら良いさーね



  ↑   ↑
ウチナーブログ(沖縄ブログ)がマンドン(たくさん)
posted by シーサン at 12:32| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 沖縄の離島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

粟国島

チュウヤ(今日は)粟国島に行ってきたときの話しよーねー
粟国島と言えば「粟国の塩」が有名さーね、その「粟国の塩」を作っている作業場に行ってきたさー


粟国島.jpg

これはなんだと思うね?
この建物(塩田タワーと言うらしい)の中では粟国の海からくみ上げられた海水を、更に建物の上までくみ上げ、吊された竹に海水を流し、水分を蒸発させる仕組みになっているってさ
さらなる工夫として、建物はごらんの通り穴だらけさーね、そこを風が抜けて水分の蒸発が早くなるってよ
このときの塩分濃度は約6倍〜7倍になってるんだってさ


粟国島 (1).jpg

塩田タワーを通って濃縮された海水は、平釜に移されて20〜40時間もかけて、ゆっくり煮詰めるんだってさ
なんと勤務は24時間交代制で燃料はガスを使わず薪を使用しているんだってさ
(粟国島には森なんて無いのに、薪はどこから入手しているのかな?)


粟国島 (2).jpg

この平釜は入れたばかりみたいでタップタップしていたさー

粟国島 (3).jpg

これは釜を使わない、天日干し用のハウス


粟国島 (4).jpg

完成までに2〜3ヶ月くらいかかるって言ってたはず(多分)


粟国島 (5).jpg

有名な「粟国の塩」は、こんな小さな作業場と事務所で手作りされてたんだねー(感心感心)
あっ言い忘れそーだったさー、事務所の中でお土産用の「粟国の塩」頂きました。二へーデビル(ありがとうございました)


粟国島 (6).jpg

さーお土産用の「粟国の塩」も貰ったし帰ろうかねー(スミマセン商品は購入しませんでしたふらふら・・・)
粟国−那覇はこの飛行機「BN-2B(Islander)」で帰るわけさ
定員はワッターヤー(我が家)の車より少し多い 操縦士 1名 旅客座席数 8名


粟国島 (7).jpg

何が良いって、景色が良い、今、目の前に見えているのは那覇空港の滑走路ださー
無事着陸。ヤー(家)に帰ってゆで卵をお土産で貰った「粟国の塩」で食べたらデージ・マーサタン(とっても・美味しかった)。



  ↑   ↑
ウチナーブログ(沖縄ブログ)がマンドン(たくさん)
posted by シーサン at 17:40| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の離島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。